オーディエンスオポチュニティ

オーディエンスのレコメンデーション機能を活用することで、インパクトのあるマーケティングキャンペーンを実現することができます。

Audience Insights, Predictable Media Softwareのスクリーンショット
Audience Insights, Predictable Media Softwareのスクリーンショット

オーディエンスオポチュニティ

  • 顧客を自動的にオーディエンスに分類し、新しいデータが更新されるとオーディエンスを自動的にアップデートします。
  • RFM(直近の購入日・頻度・金額)、LTV(顧客生涯価値)、コンバージョンファネルなどの手法に基づいて、レコメンデーションを生成します。
  • eコマースのデータから自動的にオーディエンスを検出します。
  • オーディエンスインサイト機能で、提案されたオーディエンスを理解し、活用できます。
RFMの観客機会予測可能なメディアモデル CDP

RFM分析

3つの指標を用いて、過去の取引データを元に、顧客の行動や価値を分析する分類手法です。

  • ✓ Recency:顧客が最後の購入した日時。
  • ✓ Frequency:特定の期間内に購入した頻度。
  • ✓ Monetary:顧客の購入金額の合計。

Predictable Mediaは、RFM分析の手法に基づいて、10個の基本オーディエンスを生成しています。

RFM予測可能なメディア 顧客データプラットフォーム 視聴機会
顧客の生涯価値、予測可能なメディアソフトウェア
顧客の生涯価値、予測可能なメディアソフトウェア

LTV(顧客生涯価値)

LTV(Lifetime Value:顧客生涯価値)は、取引開始から終わりまでの期間(顧客ライフサイクル)内に、どれだけの利益をもたらすのかを算出したものです。

  • 独自に作成したオーディエンスと提案されたオーディエンスのすべてのLTVを確認し、比較することができます。
  • 各オーディエンスのボリュームや購買行動の変化を常に反映して、時間経過とともに自動更新されます。
  • 各オーディエンスにどのように利益をもたらしているのか、過去からの変化を見ることで、理解することができます。

このLTVの指標を使用すると、各オーディエンスの潜在的な可能性を理解するのに役立ちます。

コンバージョンファネル、予測可能なメディアの顧客データプラットフォーム

コンバージョンファネル

コンバージョンの各プロセスに応じて、顧客と非顧客に分類されるファネルです。

  • 非顧客から優良顧客へのプロセスを理解することができます。
  • コンバージョンごとの異なるプロセスに焦点を当てた戦略的なキャンペーンを実施することができます。

Predictable Mediaは、コンバージョンファネルの手法に基づいて、4個の基本オーディエンスを生成しています。

コンバージョンファネル、予測可能なメディアの顧客データプラットフォーム
Eコマースの機会、予測可能なメディアソフトウェア
Eコマースの機会、予測可能なメディアソフトウェア

eコマースのオーディエンスオポチュニティ

  • 購入金額とカゴ落ち金額に基づいて、自動的にオーディエンスを作成します。
  • 割引コードの使用など、特定のeコマースでの顧客行動を検出します。

データソースによって、生成されるオーディエンスオポチュニティの数は異なります。

始めるのは簡単です。

顧客データを今すぐ接続しましょう。