←ブログ
事例紹介

センコスードショッピング:データ収集

文脈

センコスード・ショッピングは、国内最大のモールをはじめとする幅広いフォーマットを持つショッピングセンターの巨人です。

彼らが直面した課題は、オファーが横断的で、ホストしている店舗の取引データを持っていない場合に、訪問者からの情報をどうやって取得するかということでした。

  • ショッピングセンターには多くの人がいるにもかかわらず、訪問者のデータを収集するのは、ホストする店舗が生成したデータにアクセスできないため、複雑な作業になります。
  • また、ショッピングモール内の顧客の多様性や接点が限られていることから、データ収集はオンラインとオフラインの混在した戦略からアプローチしなければならず、データベースの集約・管理が難しいという課題がありました。
  • このような状況から、同社は組織のさまざまな分野で時代遅れのバラバラデータベースを持つようになりました。これに対応するため、Predictable Mediaは情報を単一のデータベースに集約し、データを充実させ、体系化された収集戦略を実施しました。

結果

現在、データベースは一元化されており、970,621人の個人と83%の接触率で行動可能な状態になっています。

このベースでは、データからセグメントを生成し、モールのマーケティングキャンペーンの結果を改善することができました。

その他の記事