←ブログ
マーケティング

ビッグデータが不動産分野のマーケティング戦略を牽引する

現在、私たちの活動のほとんどがデータを生成しています。 ウェブを閲覧したり、オンラインで購入したりすると、関連情報が発生します。これらの情報はすべてビッグデータと呼ばれています。そして、企業にとっては、信頼性の高いデータの必要性が高まっており、販売サイクルを短縮し、利益を最大化するためには、位置情報、時間情報、戦略情報が必要不可欠な状況となっています。

しかし、そのデータを知識に変換して、不動産会社の意思決定に役立てる方法を知っていますか?

不動産業界では、データ量は膨大ではありませんが、クライアントの360度を把握することができます。誰が何を、どこで、なぜ、どのように購入しているのかを知ることができ、その結果、時間とお金を節約するための意思決定を予測することができ、また、あなたの競争の先を行くことができます。

不動産分野でのビッグデータの活用例としては、学校や緑地、店舗などのサービスをランダムに選んだエリアのデータをグラフ化して観察できるというのが代表的な例です。一目で様々なプロパティを比較して、クライアントのプロファイルに最も適したものを推理することができます。

また、クライアント、サプライヤー、協力者のビッグデータ不動産戦略を適用することができ、これにより、不動産市場、傾向、季節、プロパティの特性のものと独自のデータを横断して、推奨事項を最適化することができます。このデータを分析すると、どのようなアクションやチャネルが最もROASを生み出しているのか、より良い意思決定を行い、予算を効果的に投資しているのかを簡単に知ることができます。

不動産マーケティング戦略でビッグデータを活用したことはありますか?

その他の記事