←ブログ
技術情報

顧客データプラットフォームのメリット

顧客データプラットフォームCDP( )は、単一のソースから顧客データを収集し、統合し、有効化することができるマーケティング技術です。

  • さまざまなソースから構造化されたデータと非構造化されたファーストパーティデータを収集し、顧客データを一元化します。
  • 顧客プロファイルを単一の全体的なビューに統合することで、マーケティングはオーディエンスの好みや行動に基づいてオーディエンスを理解し、対応することができます。
  • 他のシステムからのデータを、マーケティング・キャンペーン、顧客サービス、その他の消費者に焦点を当てた取り組みに利用できるようにします。
  • それは、リアルタイムの顧客データに対する実用的な洞察を得ることに焦点を当てています。
  • パーソナライズされた顧客体験の提供、ロイヤリティの構築、キャンペーンごとのROIの最適化において、マーケティングをサポートします。

データの統合とリリース

統一された顧客基盤を構築するための代替的なアプローチをCDP 提供し、マーケティングの専門家がこれまでにないコントロールを実現します。

  • 新しいシステムを変更したり投資したりすることなく、データを一元化するアプローチです。
  • オープンアクセスでは、データ出力を外部システムやプラットフォームに統合することで、マーケティングチャネルのデータを活性化したり、フィードバックを抽出して新しいデータを収集したりすることが容易になります。
  • データリリースは、データの完全性とコントロールを犠牲にすることなく、顧客データを活性化するためのマーケティングソリューションを提供します。

GDPR第一シナリオのファーストパーティデータ

データの不祥事や規制強化のシナリオの中で、規制を適切に遵守するためのマーケティングの代替案として生まれCDP てきたのが「データの不祥事」です。

  • 彼らはCDP 、その過程での消費者の同意を尊重しながら、第一次データの収集と利用に力を入れています。
  • データの収集、取り扱い、セキュリティはGDPR第一基準に準拠しています。

課題に向き合う敏捷性

マーケティングは、実行可能なデータを更新し、それに基づいて行動し、競争力を維持するための敏捷性を提供してCDP います。

  • BIやIT部門への依存度を下げることで、マーケティングはより最近の消費者データを活用してキャンペーンを実施することができます。
  • キャンペーンのフィードバックを直接プラットフォームに統合することで、マーケティングチームは結果の分析にかかる時間を最適化し、現在のキャンペーンに対応するための俊敏性を高めることができます。

パーソナライゼーションとオムニカン性

マーケティングマネージャーは、カスタマイズされた経験を提供することにますますプレッシャーをかけられているため、適切なツールを持ってあなたのところに来てCDP います。

  • データと予測モデルは、顧客のニーズを理解CDP し、予測するのに役立ち、ロイヤルティを構築し、売上を増加させるためのより効率的な戦略を生み出すことができます。
  • 実用的でオムニカンな洞察は、必要な俊敏性を備えたスケールでのエクスペリエンスの管理をサポートします。

その他の記事